メールアドレス:
パスワード:

 お知らせ

※当社でご紹介できるヘッジファンドの一例 (最低投資額約 1,000万円~ )
・過去18年間 年率平均18%以上(設定来 +2383%)、Barclay Hedge Top performance Hedge Fund 受賞
・過去10年間 年率平均10%以上、Hedgefund Reivew Best Hedge Fund 受賞
・設定来18年間で +762%のリターン、リーマンショックの時ですら年率19%以上のリターン。Lipper Award 受賞
・過去10年間一度しかマイナスになっていない安定実績ファンド。BestHedgefund FoHF nominate

 「いつかは ゆかし」の沿革

2012年10月 自分年金積立サービス「いつかは ゆかし」開始(旧アブラハム・プライベートバンク株式会社
2012年12月 投資助言会社として日本初のテレビCMを開始
2013年10月 業法上の登録手続きの問題で6か月間の業務停止処分(ただし解約業務を除く) 新規募集の停止
2014年04月 9割以上の会員様に残っていただいて業務を再開し、投資助言を提供
2014年06月 会員限定 投資環境レポート提供開始
2014年07月 会員限定 世界経済と日本の長期展望についてのデータブックを発行
     
    金融庁
     
    アブラハム・プライベートバンクはプライバシーマークを取得しています

 「いつかは ゆかし」のサービス再開につきまして

  • 当社の投資助言に伴う個人投資家のファンドへの新規投資に応じて、本サービスにおいて、当該ファンドへの投資窓口となる積立プラットフォーム企業(在英国)から、当社親会社(広告業)がアフィリエイト広告手数料を受領していましたところ、当社と親会社を一体と捉えた上で、当社が取得している投資助言業登録という業態では、当該手数料を受領すべきでないとの指摘を当局より2013年10月に受けました。(投資助言業者に対する規制として、当社の処分後、2014年に明文化されました。なお、当社としては大手法律事務所3社に相談しておりましたが、金商法上、どのような行為がどの業態として認定されるか等の解釈や境界は元々曖昧であった点について、詳しくは「元金融庁の弁護士が語る、規制とイノベーションの微妙な関係」(Newspicks 2016年1月27日)をご参照ください)

    これに伴い、6か月間の業務停止期間(ただし解約は除く)並びに業務改善期間を経て、9割以上のお客様が契約継続の上、2014年4月より既存のお客様に対して投資助言業を再開致しています。加えて、販売手数料を受け取れる業態として、グループ会社にて関東財務局長により金融商品仲介業者の登録を2014年に新たに受けました
    詳しくはアブラハム・プライベートバンクへの行政処分に対する改善内容一覧をご覧ください。

    当社の投資助言業の業務再開時以降、当社ならびに当社グループ会社等のいずれにおいても、投資助言に基づく個人投資家の新規投資に応じて、運用会社・販売会社等から販売手数料・広告料等を受領しない形式で運営しています。
    (当社の投資助言業に係る新規投資について、上記グループ会社(金融商品仲介業者)においても、一切の金銭を運用会社・販売会社等から受領していません)

    なお、しばしば誤解がありますが、親会社に広告手数料を受領していた当時においてもなお、当社と親会社の間にはファイヤーウォールがあり、お客様に対して中立的な助言サービスを提供していました。当社が投資助言の中立性に問題があり行政指導を受けたという事実はありません
    一部の誤った情報に関しては、詳しくは「アブラハム・プライベートバンク株式会社に関する過去の一部報道について」をご覧ください。

    <アクセス>
    運営会社:ヘッジファンドダイレクト株式会社(旧アブラハム・プライベートバンク株式会社)[関東財務局長(金商)第532号]
    住所:東京都港区虎ノ門5-12-1 虎ノ門ワイコービル3F
    連絡先:0120-104-359 (土日祝除く平日10:00~19:00)
    メール: アブラハム・プライベートバンク問合せ先

    <苦情処理及び紛争解決体制>
    ■当社の苦情処理措置について
    当社は、お客様等からの苦情等のお申し出に対して、真摯に、また迅速に対応し、十分な説明責任を果たすことにより、お客様のご理解をいただくよう努めています。
    当社への連絡方法及び苦情等の申出先については以下の電話番号、メールアドレスにご連絡ください。

    【苦情等の受付窓口】
    〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-12-1 虎ノ門ワイコービル3F
    ヘッジファンドダイレクト株式会社 苦情対応室
    Phone 03-5776-7060 Fax 03-3437-0535
    E-mail アブラハム・プライベートバンク問合せ先

    ■当社の紛争解決措置について
    当社では、金融商品取引に関するお客様からの苦情等に対して、真摯に、また迅速に対応し、十分な説明責任を果たすことにより、お客様のご理解を頂けるよう努めてまいりますが、当社の対応にご納得いただけなかった場合に、金融商品取引法に基づく金融ADR制度をご利用頂き、公正・中立な外部機関を通じて、苦情対応及び紛争の解決を図ることとしています。当社は、特定投資助言および代理業務に関するお客様からの紛争の解決に対しては協定の締結しております東京三弁護士会(東京弁護士会紛争解決センター、第一東京弁護士会仲裁センター及び第二東京弁護士会仲裁センター)が行う、あっせん若しくは仲裁の手続きにより金融商品取引業等業務関連の紛争解決に努めます。同センターをご利用になる場合は、下記の連絡先にお申し出ください。

    ・東京弁護士会 紛争解決センター
     受付場所:〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館6階
     電話番号:03-3581-0031
     受付時間:月~金曜日9時30分~12時00分、13時00分~15時00分(祝祭日・年末年始を除く)

    ・第一東京弁護士会 仲裁センター
     受付場所:〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館11階
     電話番号:03-3595-8588
     受付時間:月~金曜日 10時00分~12時00分、13時00分~16時00分(祝祭日・年末年始は除く)

    ・第二東京弁護士会 仲裁センター
     受付場所:〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館9階
     電話番号:03-3581-2249
     受付時間:月~金曜日 9時30分~12時00分、13時00分~17時00分(祝祭日・年末年始は除く)